OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スカーフジョイント

この秋は修理の多い秋でした。
今回もティップ折れ修理のご依頼でした。
トップガイドパイプのすぐ下で完全に折れて分離、15cm程下では以前の折れをグラスファイバーパイプで突合せジョイント、バット側のメスフェルールは接着剤切れで振ると音がカタカタ。
トップガイド部はパイプ内のブランクを上手く撤去し、径調整をして再接着、グラスファイバーパイプは撤去してスカーフジョイントしました。
都合30mm程ショートしましたが、スカーフジョイント部のアクション調整も確実に行い、良い感じのアクションを取り戻しました。
パイプではさすがにその部分は曲がりませんが、スカーフジョイントでは補強巻、コーティングをしたにも拘わらず、きちんと曲がってくれます。

メスフェルールも一度外し、以前の接着剤を除去、多少ブランクが細かったので細糸で下地調整を行ったうえで再接着しました。
これでまず緩んでしまう事は起きないはずです。
来シーズンも存分に活躍してほしいものです。